〒105-0014 港区芝3-26-8
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

報告:5/9(土)音あそび実験室・オンライン初試行

2020年05月09日 | りょう

「芝の家は、しばらくお休み中。そこで、それぞれの家からオンラインでつながりながら、一緒に音楽つくりをしてみませんか。オンラインの窓から繰り広げられる影絵と、音とのコラボレーション、果たしてどうなる!?」

というお誘いがコヒロコタロウさん(芝の家音あそび実験室主宰者)より届き、みんなでどきどきしながら試行してみました。

5月9日(土)14時~15時すぎ、
おうちにある、音の出るものをもって
あなたのおうちの画面の前で、
影絵と、音とのコラボレーション

パソコン(スマホ)を通して、影絵がゆらめき、そして参加する方が他の音を聞きながらならす音と音がハーモニーになって聞こえてきてきました。
200509_otoasobi04

参加のみなさんからの感想
「(画面では影絵を大きく映し出しながら)みえない誰かを感じながら演奏を楽しんだかんじ。」
「思ってもいなかった音を自分が出してしまったけれどそんなに失敗と感じずに演奏できた。」
「小さいグループに分かれて演奏、他の方の鳴らす音が良い感じに掛け合わせって心地よかった。」
「影絵が素敵すぎて目が釘付けになった」

主催のコヒロコタロウさんより
「音が聞こえなくなる、などのトラブルも最小限で楽しくできてよかった。」
「音と映像を合わせる、ということは、実は自分のなかで補わなければならないことがいろいろあると思うけれど、それぞれがそれぞれの想像力を働かせながらイメージを作り参加してくださり、楽しんでくださったように感じて嬉しかったです。」

「次回は芝の家とオンラインと両方で共存も?!」
「これからできる芝のはらっぱにて、屋外影絵の可能性も探りたい。」
などワクワクした気持ちになって終わりました。
200509_otoasobi01

音あそび実験室のホームページにより詳細な報告記事がアップされました!
ぜひそちらもご覧ください。
http://otoasobilab.webcrow.jp/report35/

5/9 音あそび実験室「影絵のおんがく:オンライン編」開催のお知らせ

2020年05月02日 | CHIE

こんにちは!

芝の家はまだお休み中ですが、音あそび実験室の皆さんからオンラインの楽しい企画のお知らせです。

是非皆さま、ご参加ください。

——————————————-

 


芝の家は、しばらくお休み中。そこで、それぞれの家からオンラインでつながりながら、一緒に音楽つくりをしてみませんか。オンラインの窓から繰り広げられる影絵と、音とのコラボレーション、果たしてどうなる!?

日時】2020年5月9日(土)14時~15時ごろ
参加】無料

申し込み】前日までに、芝の家shibanoie.info@gmail.com または、音あそび実験室otoasobi.lab@gmail.comにお申し込みください。
持ち物】おうちにある、音の出るもの
場所】あなたのおうち
方法】Zoomというオンラインツール(テレビ会議システム)を使用します。
*初めての方には、事前にお試しいただくことも可能です。
お試しご希望の方はメールでお知らせください。

問合せ】芝の家: shibanoie.info@gmail.com
主催】音あそび実験室(小日山拓也+三宅博子+石橋鼓太郎)&芝の家
http://otoasobilab.webcrow.jp/information35/

旧拠点のその後:ついにさようなら

2020年04月29日 | りょう

昨年12月23日からはじまった解体工事。

ついに昨日4月28日、完全なる更地になりました。

2018年12月22日の最後の開室から

1年4ヶ月後のことです。

191224_hiiragi
2019年1月に拠点が移動してからも1年間、取り壊しまでの時間がありました。

そのおかげで、ちょくちょく出入りできたり、昨年秋の11周年いろはにほへっと芝まつり」では、改めて掃除をしてきれいにして、黒板に絵をかいて「旧拠点ありがとう、さようなら」の時間を過ごしたりすることができました。
191006_iroha_syugou_small
ゆっくりお別れできたので強烈な寂しさはなく、いまは更地になったその後の動きもはじまり、芝の家も前を向いて進んでいます。

でも、新型コロナウィルス感染症の流行をうけて臨時閉室がつづいている間に、建物は本当になにもなくなりました。10年+1年間のこの場所に、そして起きた様々なこと、出会った様々な人に、どうもありがとう、
181014_hohetto
今日はちょっと思い出に浸りたい、そんな気持ちです。
180417_tulip
でも5月からはここを、もう「芝の家旧拠点」ではなく「芝のはらっぱ」と呼ぼう。

まちの人で主体的に運営するオープンスペースとして、町会や芝の家、ご近所イノベーション学校の仲間や新たな方々とともに。
「空き地」から地域コミュニティの可能性を探っていきます。芝の家2.0「芝のはらっぱ」に乞うご期待です。

感謝、植物を通して

2020年04月24日 | りょう

芝の家の周りでの園芸活動

みんなで種を蒔いたり、苗木が持ち込まれたりしていろいろな「みどり」が軒先に展開しています。
昨年の秋は、町会からのおすそ分けでチューリップの球根やビオラの苗を植えました。
そして春が来て玄関・縁側周りは華やか。

いつものように多くの人には見てもらえないのは残念なので、せめて誌(ブログ)上で。
ご近所さんからのおすそ分けの芝桜もいま綺麗に花を咲かせています。
200421shibasakura
臨時閉室中で人の出入りがなくても、植物がこんな風に元気に綺麗でいるのは、近所の方々が気にかけて水やりをしてくださっているから、なのです。スタッフのさとちゃんがこんな風にラベンダーの花を挿し木にした鉢を縁側付近にメッセージを添えておいてみたり、
IMG_2305
(ラベンダーの木は芝の家の向かって左側面にあります、ご近所の方はぜひ香りを楽しんでみてください)
200421_water
なっちゃんが水やりするとなんとなく嬉しい気持ちになるカードを立ててみたり。
植物を通しての幸せや感謝をみえる形でつたえるってとってもいいですね。

4/21(火)午後の縁側で

2020年04月24日 | りょう

現在閉室中の芝の家ですが、今週の嬉しい一コマを。
近所のSさん、もしかしたら誰かいるかな、と。
「ほら、いまマスク足りないでしょ。ウチにこんなきれ(布)があったから、ここでみんなでマスク作ったらいいと思ってもってきたんだよ」

いつも持っていらっしゃる黒いバックの中からとりだしてくれたのは、こんな布でした。
200421_cloth

しばらく縁側でお互いに距離を取りながらおしゃべりを。
「わたしの家族の写真にさ、早く迎えに来てよって毎日いってるの。」ご主人を亡くされた後、毎日仏壇にコーヒーとトーストを、それからお花をという話がされたので、仏壇に飾りますか?と玄関先で綺麗に咲いていたチューリップのお花を1本切って差し上げることに。とっても喜んでくださりました。
レモンバームやビオラの花も少し。Sさんが綺麗に手の中に収めて小さな花束ができあがりました。

今はやむを得ない必要があるときにのみ現場には出向いているため、この日の偶然が一層嬉しく感じました。今日行っていてよかった〜と思いながら帰り道につきました。

5/9 音あそび実験室「影絵のおんがく:オンライン編」開催のお知らせ
旧拠点のその後:
ついにさようなら
5/7〜臨時閉室期間変更のお知らせ
部活動の部長、芝の家スタッフより皆様へ。
~5/6(水)臨時閉室期間延長のお知らせ
報告:5/9(土)音あそび実験室・オンライン初試行
5/9 音あそび実験室「影絵のおんがく:オンライン編」開催のお知らせ
旧拠点のその後:ついにさようなら
感謝、植物を通して
4/21(火)午後の縁側で
5/7〜臨時閉室期間変更のお知らせ
4/17 ZOOMサニーズbar のお知らせ
部活動の部長、芝の家スタッフより皆様へ。
~5/6(水)臨時閉室期間延長のお知らせ
ちゃぶ台日誌更新中「最近の記事」欄にご注目を!

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所