〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

11/20の芝の家。ハーブ&スパイス部

2017年11月22日 | CHIE

ハーブ&スパイス部の日。赤ワインで果物を煮込んだ飲み物、と、その煮込んだ果物を使ったコンフィチュールをいただきました♡

報告:11/16(木)のふらっと芝の家

2017年11月18日 | maimai

この日のふらっと芝の家は、いつものように静かに始まりました。
お当番それぞれが、お掃除をしたり、昼食の準備をしたり、事務仕事をしたり。
その後、お昼のおいしい楽しいたまきランチに、「今日は少ないわねぇ」なんて言っていたのも束の間、
あれよこれよと人が増えて、差し入れのおやつもたくさんあつまって、私たちも、初めて来場した方も、びっくりの充実お茶タイム。おしゃべりも止まりません!
20171116_5

わたしは環さんを密かにお茶淹れ師匠として見取り稽古です!

そんな中、小学生たちは、テーブルで宿題をしたりおしゃべりをしたり、ちびっこたちは、プラレールで遊んだり。狭い芝の家の中で、みんなが肩を寄せ合ってそれぞれの時間を楽しんだのでした。

環さんから、たまきランチの紹介です!
———————————
【メニュー内容、いただきものなど】
①長芋と生青のりのレモンポン酢仕立て
②刻み昆布と豚肉・竹輪・人参の煮物
③糸こんにゃく・きのこのペペロンチーノ風
④かまぼこのわさび漬け添え
⑤里芋のイカ煮
⑥大根のゆず味噌のせ
⑦リンゴ・胡瓜・レーズン・ハムのヨーグルト&マヨサラダ
⑧カブ&葉・胡瓜・紫蘇の実の塩麹漬け
★②と③の刻み昆布と糸こんにゃくはお馴染みさんから、④と⑦のわさび漬けとりんごは、先週初参加の安曇野の大塚かおりさんからのいただきもの。3時のおやつは、来場者の方からラスク、ご近所さんからパウンドケーキ、梨と茹で枝豆が、また、先週に続いて、食材費は名古屋の30年来の友人村居さんからの環カンパによるものです。ありがとうございます。
20171116_4
【つくり方、印象・感想・雰囲気など】
③糸こんにゃく・きのこのペペロンチーノ風
20171116_2
こんにゃくは毎回述べている通り、ビニール袋に砂糖を適量(スプーン2杯程度か量にもよる)入れてもんで10分程度おき、水洗いして水切りを。にんにくのすりおろしと赤唐辛子をオリーブオイル少量で炒め、香りがたったら、コンニャクとキノコ、ハム、果粒コンソメ、酢を混ぜてできあがり。ここでは10人前を想定しているので、糸コン2袋、果粒コンソメは4.5グラム2袋、酢大匙2程度。あとで、塩コショウで調整する。
★初めて環ランチに参加の方は「キノコが少し残ったりするのよね、これはいい!」と。育児中のママは「こんにゃくは、主人が得意ではないけれど、ダイエットしたい夫に、これなら食べてもらえるかも」「その場合は、キノコ類を大目にした方がいいかもね」なんて会話があちこちに飛びます。

⑤里芋のイカ煮
20171116_3
泥つき里芋1袋(11個入り)を2つ。泥をよく洗ってレンジで1袋10分程度チンして、皮をむき、食べやすい大きさにきる。ヤリイカ(今回は10尾)の内臓を取り出し、輪切にして砂糖・酒・醤油の甘辛煮汁で煮て、一晩おき、イカを混ぜ、柚須の皮を入れてひと煮立ち。
★「里芋って、ぬめりが大変なのに、それはどうすればいいの?」「皮ごとレンジでチンすれば、ぬめりを取る手間が省けるのよ。それに柔らかくなっているから、煮るのも数分でOK。煮物系は作り立てよりは、ものによって、一晩置いたほうがいいかもね」「ふーん、そうなんだ」「だしは入れるの?」「私はイカで十分だと思うけど、それは食材の量によるから、足すのはお好みで」と、いつもながら適当な対応だったりします。
★他のメニュー他あれこれ
⑥の「大根は、出汁だけの味付けだから、離乳食と一緒。これなら子供が食べられる」「でも大根1本は余ってしまうの」「大根おろしで楽しめるし、キノコなど霙鍋でもいいし、浅漬けもいけるし、残してしまうなんてもったいない」「リンゴサラダのドレッシングは?」「マヨネーズとヨーグルトと粗挽きコショウ。時々はオリーブオイルと酢を混ぜてもいいし、とにかく適当」と私。「先週のナスの皮のきんぴらをつくったら、なんだこれは、とダメだったみたい」「ご主人は飲まない方でしょ。呑兵衛には、あれは肴の一品なの」と話題は尽きません。
★いつものことながら、「お茶も果物も、ひとりではおいしく味わえないのに、ここではどうして、こんなにおいしいの?」とお馴染みさん。「お茶1杯に、こんなに丁寧に入れていただいて、思わず長居しました」と近隣に越してこられた初参加の女性。
★ずっと会えなかっためぐちゃんに思いがけず会えたり、帰りがけに、かすみちゃんを抱っこできたり、幸せなひと時でした。

———————————–

これを読んで気になったあなたも、お弁当を持って、ふらっと芝の家に遊びに来ませんか?
運が良ければ、たまきランチに出会えるかも!!!

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作ることが好き・食べてもらうのがうれしいという気持ちと、食べる人のいろんなうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースに自分のお弁当を食べたい方も、そのように過ごしていただけますよ。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。

12/13午後&15夜芝の家・インターンシップ活動報告新聞づくり&報告会

2017年11月15日 | りょう

芝の家で7月から4ヶ月間「いろはにほへっと芝まつり」を共に作ることを中心に活動してきた大学生・高村南美(たかむらみなみ)さんのインターンシップ活動報告会を開催します。

今回は、まとめたスライドをみなさんの前でお話するという形ではなく、みなみちゃんらしさを生かした形でやってみようと相談しました。
170909_minami&miyu_blog
*町会おまつり・みなみちゃん(左)

子どもや学生さん〜大人の方までどなたでも。「芝の家ってどんなところ?」「芝の家のインターンシップ活動って?」などなどそれぞれのご興味で、気楽にご参加ください。
170927_minamichan
*ポスター制作中・みなみちゃん
——————————————————-
<芝の家・インターンシップ活動報告会2017>
〜インターンシップ活動報告新聞づくり〜

【日時】 準備日 12月6日(水)午後3時30分〜5時
     ⑴12月13日(水)午後1時〜4時30分
     ⑵12月15日(金)午後7時30分〜8時45分
【持ち物】      なし
【申し込み】     申し込み 不要、無料
【主催・問い合わせ】 芝の家(03-3453-0474)
【内容】
⑴12月13日(水)午後1時〜4時30分
 『ほへっと新聞』編集室
いろはにほへっと芝まつりの進捗や当日の様子を伝える壁新聞を作ってきたみなみちゃんと一緒に、芝の家の日常を紹介する新聞を作ってみます。芝の家の一角をオープンな「新聞編集室」として、来場者の皆さんにも気軽に記事を書いていただけるような時間にしたいと思います。よろしければのぞきにいらしてください。
おやつづくりの日なので、ジャムやお茶を持ち寄っておやつも楽しみながらの編集室にしたいとおもいます。ジャム、クラッカー、果物、お茶など持ち寄り大歓迎です。

⑵12月15日(金)夜7時30分〜8時45分 
出来上がった『ほへっと新聞〜・インターンシップ活動報告〜(仮称)』を読みながらインターンシップ活動報告を「よるしば」の中で実施します。
夜6時すぎ〜7時30分はご飯を作って食べ、その後ちゃぶ台を囲んで新聞を眺めながらみなみちゃんの芝の家体験を振り返れたらなと思っています。お茶菓子差し入れ大歓迎です。
——————————————————-
171003_shimbun_blog
*『ほへっと新聞』

報告:秋の土用灸を実施しました

2017年11月15日 | セナ

FullSizeRender 2

 

ご報告がおそくなりましたが、10/27(金)、秋の土用灸を実施いたしました。

この日は室内が少し賑やかな日でしたが、3名でじっくり、身体と向き合いました。

互いに木のボールを使って、普段はなかなかできない背中のケアもしました。

寒いと体を縮こめて過ごしがちですが、かたくなったからだをあたため、ほぐしてあげることが必要ですね。

毎日は難しくても、時々時間をとってゆっくり自分のからだの声に耳を傾けてあげてみてはいかがでしょうか。

 

次回は冬の土用灸、どんな時間になるのでしょうか。。。

 

 

報告:11/9(木)のふらっと芝の家

2017年11月15日 | maimai

この日の芝の家も、にぎわったようです。
さて、お待ちかねたまきランチを環さんからご紹介!
 ——————————————-
【メニュー内容、いただきもの、お裾分けなど】
①具だくさん(7,8種類)きのこのおろし和え(信州からの土産
②蒸しナスの練りごま・擦りごま酢和え
③ナスの皮のきんぴら
④大根・キュウリ・赤カブ・青紫蘇にツナサラダ塩講師・胡麻油味
⑤キャベツ・もやし・竹輪・干しサクラエビとツナ炒め
⑥カボチャのそぼろあんかけ煮
⑦春菊と柿・リンゴ・レーズンの白和え
⑧牡蠣とベーコン、ホウレンソウのカレー風味豆乳とヨーグルト和
⑨ベランダ干したくあん漬け
【つくり方。印象・感想など】
②蒸しナスの練りごま・擦りごま酢和え
 ドレッシングは、練りごま、擦りごまに酢・醤油・砂糖少々を入れてすり鉢ですったもの。練りごまを入れなくてもいいのですが、少し贅沢に好み次第。ホウレンソウのおひたしや、豆腐、肉などに薄めたり辛みを足してアレンジ可能。贅沢なドレッシングですが、いろいろ楽しめるはずです。
③ナスの皮のきんぴら
20171109_2
 ナスは、皮をむいてレンジでチンをするか蒸して冷まして、いただくときに、胡麻酢あんを。ナスは皮つきで蒸してもいいが、色よく仕上げるためには皮をむく。皮はもったいないので、千切りにして、胡麻油でしょうがを炒め、ナスの皮と調味料酒で火が通ったら白だし醤油とほんの少しのみりんで薄味に。時間とともに味が濃くなるので要注意。
⑧牡蠣とベーコン、ホウレンソウのカレー風味豆乳とヨーグルト和え。
20171109_3
 牡蠣は塩で汚れを落として洗って水切りしたあと、薄力粉をまぶしてオリーブオイルで両面焦げ目がつく程度に焼き、取り出して、にんにく少量とベーコン・ほうれん草を炒め、牡蠣を戻して豆乳に塩コショウ・カレー粉少量で焦げないよう味付け。なお、今回は、味加減が濃くなってしまったので、ヨーグルトを少し合えたのが、チーズ替わりに成功。これもありでした。他に、豆乳代わりに、牛乳や生クリームを使う方法もあり。
★いただきもの
・④⑤のツナ缶は、育代さんから。キノコは信州みやげ、春菊・ほうれん草・リンゴは伊那から持参。
・(ついでに)おやつには、宮嶋さんからおはぎとかりんとう、安孫子さんからどら焼き、斉藤さんから一口おかし、坂口さんからリンゴ、環から桜の名所、高遠亀万の子亀饅頭ともりだくさん。
★お裾分け
 宮嶋さんから、枝豆とトマト、良子さんからコロッケとアジフライキャベツ添え、大場さんから野菜関係2種と、テーブルに乗り切れないほどでした。
★なんといっても話題はなぜか、ナスの皮のきんぴら。「これ何? とてもナスの皮とは思えない」「ふつう捨てちゃうのにおいしい」「どうやったら、こんなふうになるに」とさまざま。単に、皮を包丁で向いて千切りにして炒めただけなのに。大根の皮やニンジンの皮などもきんぴらにしたり、味噌汁に入れたり、栄誉としてもエコにもよいはずです。
★「高野豆腐入り親子煮、ダイエットにいいと主人も喜んでくれて。今回も大きなヒントありがとう」というママ。「牡蠣アレルギーな主人なので、牡蠣代わりにサーモンではどうですか」と言うママ。「サーモンもいいけど、タラもいいかもね」と私。料理好きのママさんたちにも、少しはお役に立ちそうなのがうれしいひと時です。
★蕗の薹や安曇野のコシヒカリ新米をいただいて、芝の家でも大いに恩恵を受けていた安曇野の大塚さんが環ランチに初参加。「野菜たっぷりの理想的な食事。赤ちゃんがいたり、こういう場所なんだ」と、短時間ながら、風のように現れて風のように去っていきました。また、時々みえる在勤男性には「トマトや野菜をどうぞ」ともとこさんやお馴染みさんがお声掛け。7か月から9か月ちかい幼子が手足バタバタで泳いでいたり、ハイハイしたりという風景の中で、ランチもおやつも、ちっちゃなテーブル中心に、ゆったりまったり感が広がる1日でした。
★今回も、名古屋30年来の友人村居さんがが環ランチにまたまた寄付が。それで高値のナスや牡蠣など少し食材費を贅沢に。来週も同様ですが、本当にありがとうございます。
——————————————

これを読んで気になったあなたも、お弁当を持って、ふらっと芝の家に遊びに来ませんか?
運が良ければ、たまきランチに出会えるかも!!!

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうのがうれしいという気持ちと、食べる人のいろんなうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースに自分のお弁当を食べたい方も、そのように過ごしていただけますよ。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。

12/13午後&15夜芝の家・インターンシップ活動報告新聞づくり&報告会
11月の予定はこちら2017年11月のカレンダー
〜10/31(火)メディア掲載情報「区民とともに」
11/6(月)共感する情報技術の可能性
開催報告その1いろはにほへっと芝まつりニュース#05 無事開催!感謝!
11/20の芝の家。ハーブ&スパイス部
報告:11/16(木)のふらっと芝の家
12/13午後&15夜芝の家・インターンシップ活動報告新聞づくり&報告会
報告:秋の土用灸を実施しました
報告:11/9(木)のふらっと芝の家
11/7の芝の家
すいか、、?
10/31の芝の家
開催報告その2:いろはまつりにほへっと芝まつりニュース#6しゃぼん玉!
報告:10/28(土)Pokke 9th アニバーサリーへ出張芝の家

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所