〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

5/23

2017年05月23日 | CHIE

ハーブ&スパイス部、トン活部の日。今日も大勢の幅広い年齢層、職業、国籍の方達で、笑い声の絶えない1日でした♡

(写真・・スパイス部の焼き菓子、食べ終わった大根から咲いたお花🌸 、本日お集まりの皆さま)

報告: 5月18日のふらっと芝の家

2017年05月21日 | maimai

今日のふらっと芝の家も、たまきランチを中心に、いろいろな人が集い、賑やかな時間が流れていました。
普段は、子どもの来場が少ない木曜日ですが、この日は親子連れの方々もいて、おもちゃで遊ぶ子どもたちと、ちゃぶ台でお茶とおしゃべりを楽しむ大人たちと
、いろいろな場面が見られました。

さて、おまちかねのたまきランチの紹介をたまきさんから。
—————————-
①豚肉と新キャベツの味噌炒め
②小鯵の甘から浜塩焼き(昔新潟港で見つけて病み付きになったもの。あれほどやわらかくはないのですが、、けっこういけます)
③ブロッコリーと新タマネギ・人参のカレー風味マリネ
④山ウドのきんぴら(信州土産)
⑤刺身こんにゃくを蕗味噌で(朝比奈さんに再度召し上がっていただきたく,解凍して再度蕗みそに味噌砂糖で味を加えて)
⑥ワカメ・もやし・にら・きゅうりのナムル風味、白すりごまたっぷりに
⑦おから入りサラダ(日光ゆば屋の生おから入り)
⑧トマト
⑨ベランダ干したくあん漬け
【いただきもの、差し入れ、印象・感想など】
宮嶋さんから、茹でそらまめ。毎日茹でていただいているそう。良子さんからレバーカツとキャベツの千切りと知覧新茶、ご近所の坂口さんからはるさめのピリ辛炒め、おやつに安孫子さんから、御成門の大福、朝日奈さんから、せんべいとバウムクーヘン。
②の小鯵は半身に切って食べやすく。歯の悪い方も抵抗なく召し上がっていただきました。これは私の母も大好き。母の場合は3,4センチの味を半身に切って、また半身を半分に。いわば、小鯵の味りん干しを想定してね。神戸からみえた奈良の同僚、朝日奈さんは2週つづけて参加「。蕗みそはこんにゃくにもあう」「山ウドのきんぴらの山ウドは本当に天然もの」「どれもこれもおいしい」と連発。うれしいお言葉です。
久々に見えた在勤の男性は「あまり宣伝されると、食いぶちが減る」とポツリ。「そんなのダメよ、少ないは少ないなりにシェアしないとね」と環がバッサリ。「はい、すみません」としおらしいものの、口はもぐもぐと…。どなたも素敵な笑顔でほうばっていただきました。ありがたいことです。
【つくり方】
③ブロッコリーと新タマネギ・人参のカレー風味マリネ
 ブロッコリーと人参はレンジでチン。人参はブロッコリー(5分)ほど時間をかけないで。時間はその量によります。オリーブオイル、甘酢はカレー粉を合わせておき、熱いうちにブロッコリーと人参をいいれ、千切りしたタマネギを合わせて一晩おく。酢の加減はその際に調整。
④山ウドのきんぴら
 信州から買ってきた天然の山ウドの醤油漬けに、つけだれをきって、こんにゃく、ニンジン、大根を適当に切って酒・かつおだしで炒り煮。ヤマウドに味がついているので、たれをほんの少し入れて大根やニンジンが柔らかくなれば完成。
—————————-
これを読んでたまきランチが気になったあなたもふらっと芝の家に遊びに来ませんか?
お弁当を持ってきて一緒に、お昼ごはんの時間を楽しみましょう。
もちろん、おしゃべりだけでも、お茶だけでもどうぞ。どなたでも、お気軽に立ち寄っていただけたらと思います。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれどたまきさんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうのがうれしいという気持ちと、食べる人のいろんなうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台の囲んで交差するとよいなぁと思っています。
————————–
【たまきランチのコンセプト】
食は大事、食を通してみんな大家族。そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるから、食に挑戦すること。
【たまきランチの約束事】
ご自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせず大丈夫と、その場のバランスも考えずに、自身のおなかを満たす方は、大変申し訳ありませんがご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても大家族での食事なのですから。

たまき
—————————
↓たまきランチを待ちきれなくて、いろは食堂のからあげ弁当をかき込むハジメ。
20170518_木曜日

5月のアロマ部

2017年05月16日 | CHIE

5月のアロマ部は

5/30(火)12時〜15時

参加費用 150円(ハンドマッサージ&アロマクラフト作り)です。予約不要  です。

短い間ですが、緩やかな時間をお過ごしください。

5/16

2017年05月16日 | CHIE

ご近所の方からゼラニウムをいただき、みんなで葉をこすっては香るうっとりする香りに癒されていました。赤ちゃん連れのママ、ご近所のみなさま、大学生、OLの方、と、幅広い年齢層の方達で賑わった1日でした。

(いただき物のこけしをご希望の方に差し上げています。ご希望あれば芝の家までお越しください。)
IMG_4218

IMG_4237

メディア掲載情報:『東京人』

2017年05月14日 | りょう

雑誌『東京人』2017年6月号(No.384)の中の、「まちの仕掛け人たち」という見開きのコーナーに芝の家が登場しています。

現在書店に並んでおりますのでよかったら手にとって見てみてくださいね。(こちらの画像もクリックすると全体が眺められます→)
芝の家に掲載誌を閲覧できるよう置いてあります。

以上お知らせでした。

2017年度メディア掲載_東京人_01

5/20(土)「共感する情報技術の可能性」
5月の予定はこちら2017年5月のカレンダー
5月19日(金)よるしば×しまね
5/26(金),27(土)「オープンラボ2017」のお知らせ
学生インターンシップ(2017)募集中!〜6/21
5/23
報告: 5月18日のふらっと芝の家
5月のアロマ部
5/16
メディア掲載情報:『東京人』
こけし
報告:5月11日のふらっと芝の家
5/20(土)「共感する情報技術の可能性」
報告:3/6『いただきます』上映会(まめラボ企画)
報告:4/29朝市切符

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所