〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

7/19(木)の芝の家、たまきさんのおかず、持ち寄りおやつ、子どもたち自由に遊ぶ

2018年07月23日 | maimai

真夏を迎える前の最後のたまきさんのおすそわけおかず。
今日もちゃぶ台を囲んでみんなでにぎわいました。
おやつはみなさんからの持ち寄りがあり、みんなお茶の時間を楽しみにしているんだねーなんて、話していました。
そんな大人の隙間では、小さい子どもたちがわいわい遊んでいました。

たまきさんからのメニューはこちら
=================
【メニュー内容・食材のいただきもの、お裾分けなど】( )内は、具材の品目数
①鶏肉・玉ねぎ・人参のヨーグルトカレー風味 (5日品目)
②ちくわぶのペンネ風:ちくわぶ、玉ねぎ・ベーコン・ウインナー・ピーマン・かまぼこ・にんにくのトマトソース煮(8品目)
③豚肉・こんにゃく、しめじの味噌炒め(ネギ・ピーマン・レモンの皮とともに)(7品目)
④つぶ貝・山形押し麩・おくら・しょうがの卵とじ(5品目)
⑤胡瓜と赤モズク酢(2品目)
⑥チンゲンサイと魚介の塩あんかけ炒め(7品目)
⑦具だくさんひじき煮 (6品目)
ひじき、しらたき、人参、糸コン、大豆、油揚げ
⑧キャベツ・水ナス・レモン・梅の塩麴漬け(4品目)
20180719_03
★食材のいただきもの
②のちくわぶと③のしめじは育代さんから。②のトマト缶は涼子さんから。④のつぶ貝は登別の友人からと押し麩は安孫子さんから。⑤の乾燥モズクは、なじみの寿司屋さんから。
●お裾分け
 宮嶋さんから、トマト・ほうれん草・枝豆のお裾分け。
(3時のおやつには、宮嶋さんからロールケーキ、阪口さんからどら焼きをいただいて、熱い玄米茶で「ほっと一息」3時のお茶タイムも)。

【つくり方・印象・感想など】
②ちくわぶのペンネ風
20180719_02
 ちくわぶは、臭み取りにあらったあと、2,3ミリの輪切りに。他の材料は適当に切り分けておき、オリーブオイルで炒めて、トマト缶を入れ、ちくわぶを入れて、トマントケチャプとコンソメソース、塩胡椒で味を調えて出来上がり。
◆「ちくわぶは大好きだけれど、おでんか煮物というイメージしかなかったのに、ペンネ風というのは新鮮」「すいとんと一緒だから、ある意味、ナポリタンと一緒の原理でも理にかなっているのでは?」「そっか、そういうことか」など、議論いろいろ。押し麩や
◆全体的印象・感想など
「づぶ貝はいまが旬。押し麩やオクラともあって、卵とじが最高」「あかもずくと胡瓜酢も、いまのこの時期に食が進むね」など、毎回の食事談義に。
今回のたまきランチ初参加は、お馴染みさんがお連れした女性1名でした。

【夏場のたまきランチのお休みのお知らせ】
猛暑ゆえ、食品が痛みやすいため、7月26日から8月いっぱい、たまきランチはお休みさせていただきます。9月から木曜日のたまきランチ再開予定ですが、暑さ次第で、再開日の変更もあるかもしれません。どうぞ、ご了承願います。

たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。

【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。


===========
これを読んで、ワイワイにぎやかなお昼ごごはんが気になった方、お弁当を持ってきて、ご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

8/1(水)メディア掲載:news every内の特集「トク4」

2018年07月20日 | りょう

5月〜6月にかけて、ビデオカメラを片手に芝の家やいろは食堂アキさん、北四国町会杉山さんの取材されていた石井さんより、番組放映日時の連絡をいただきました。

なお、8/1の放映後、news every(ニュースエブリィ)のホームページ内「トク4」コーナーにて、約1ヶ月間閲覧できるそうです。

———————————-
放映番組:日本テレビ系news every内の、特集コーナー「トク4」
放 映 日:2018年8月1日(水)16:00〜16:50の間
———————————-

*災害や事件等急なニュースが入る場合は放映日が延びるので、ご注意ください。

*news every(ニュースエブリィ)のホームページ
https://www.ntv.co.jp/every/

*「トク4」のホームページ
http://www.news24.jp/feature/248/feature248_01.html

180523_lego

メディア掲載:『芝地区地域情報誌第47号』芝の家・ちゃぶ台日誌・春編

2018年07月18日 | りょう

今年度は、芝地区で発行している「芝地区地域情報誌」にて、芝の家の日々の様子を綴るコーナーを担当させてもらえることになりました。以前にも芝の家スタッフによる記事が掲載されていた時期がありましたが、久しぶりの掲載です。

今回は主に3~4月の日々をふりかえってみた写真とコメントをお届けしたところ、編集室の方でこんな風ににまとめてくださりました。

次号は、秋(9月頃)の予定です。

*写真をクリックしていただくと、拡大してご覧いただけます。

*下記URLよりも全体を閲覧いただけます。
https://www.city.minato.tokyo.jp/shibachikusei/shiba/koho/saishin.html

*また、区役所、芝地区総合支所、芝の家、ご近所ラボ新橋、ほか芝地区内の区施設にて配布中です。

7/17の芝の家

2018年07月18日 | CHIE

毎日暑いですね。芝の家の中は涼しくなっているので、一休みしに是非いらしてください。

「明日から夏休み」という保育園のお友達や会社員の方達、常連の皆様と、沢山の方が集まりました。

お手玉3個持ち?をみんなで挑戦して盛り上がりました。

7月12日(木)の芝の家、たくさんのおかずを囲んでおしゃべり、お手玉の練習

2018年07月16日 | maimai

なんとなく日差しは弱くほっとしたものの、湿気の強い1日でした。
芝の家には、川崎の公民館でこれからコミュニティカフェをやるよ!という方が見学にいらしたり、最近忙しくてこられなかかった方が來て、それぞれお話が弾んでいました。
環さんのおかずも、おやつの時間も、おしゃべりをより弾ませてくれました。

そうそう、近所に住むおばあちゃんが、お手玉をしていたのを見て、1歳児から大人まで一時お手玉に熱中する時間もありました。
子どもの頃に習得した技って、何年経っても体が覚えているものなんですね。
わたしも密かに練習中。。
20180712_06

さて、環さんより、今日のおかず(たまきランチ)のご紹介!
==============================
【メニュー内容、食材のいただきものなど】(  )は、食材の品目数
20180712_02
①豚肉の生姜焼き、キャベツ添え(2品目)
②茄子と枝豆のあんかけ、白髪ねぎ添え(3品目)
③高野豆腐、薩摩揚げ、人参、モロッコいんげん、はんぺんの煮もの(500品目)
④切り干し大根・人参・油揚げ煮(3品目)
⑤もやしとにらのカレー風味炒め、トマト添え(3品目)
⑥納豆ネギ入り卵焼き(牛乳・マヨネーズ入り)(5品目)
⑦白瓜と胡瓜の塩麴漬け(大葉・国産レモン入り)(4品目)
⑧自家製ベランダ干したくあん、昆布添え(2品目)

★食材のいただきもの
③の高野豆腐、④の切り干し大根、⑦の白瓜は良子さんから。③のモロッコいんげんは涼子さんから。
(●おやつのお裾分けは、宮嶋さんから芋けんぴ、まいこさんから台湾のお菓子を熱い玄米茶で、いつものまったり時間とおしゃべりに花が咲きました)。

【つくり方・印象・感想など】
⑨茄子と枝豆のあんかけ、白髪ねぎ添え
20180712_03
長茄子一口大の乱切りに。水にさらしてしばらくあく抜きを。枝豆は皮から出して
おき、フライパンで多めのゴマ油で、茄子に焦げ目がつく程度に炒めたら、枝豆を加えて、酒、砂糖、醤油、みりん、鶏ガラスープを加えて味調え、火を止めてから片栗粉でとろみをつけて冷蔵庫で一晩おき、白髪ネギをトッピングに。ごま油と少し甘辛程度の味つけが美味。日持ちがするので、ここにひき肉を加えてアレンジも可。

◆全体的印象・感想など
「はんぺんをこんな風に高野豆腐と一緒にするのが、目からうろこ」「1歳児が高野豆腐と一緒に食べてくれるから」。「卵焼に納豆入れるのは初めて、おいしい」「卵焼きには、青菜やにら、ワカメ、じゃこなど入れてもおいしいものね、彩もいいし」。「レモン入り塩麴漬けね。いろいろな料理のレモンのあしらい方にいつも感心」「このレモンの切り方がいいのね」「こらこら、ほめるのは切り方なの?」「これだけたっぷり野菜と栄養をとったから、今晩は簡単でいいね」「あら、食べてない1歳3か月女児と旦那さんにはどうするつもりなの?」と、口々に様々なやりとりがありました。
今回のたまきランチ初参加は、見学に見えた女性2名、在勤の男性1名の計3名でした。賑やかにワイワイと食べていただいて、いつもの幸せ時が流れました。

【たまきランチの夏場のお休みのお知らせ】
猛暑の折、7月26日(木)から、8月の木曜日のたまきランチはお休みさせていただきます。
9月から再開予定ではありますが、暑さ次第です。ご了承願います。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。

【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。


===========
これを読んで、ワイワイにぎやかなお昼ごごはんが気になった方、お弁当を持ってきて、ご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

9/12(水)おやつづくり×戸板女子短大
8月の予定はこちら2018年8月のカレンダー
8/1(水)メディア掲載:news every内の特集「トク4」
8/19(日)~27(月)芝の家の夏休み
延期!7/28(土)第28回レコードコンサート
8/7の芝の家
9/29(土)第28回レコードコンサート
アクセス情報「地図をみる」
9/12(水)おやつづくり×戸板女子短大
7月最後の芝の家
7/19(木)の芝の家、たまきさんのおかず、持ち寄りおやつ、子どもたち自由に遊ぶ
8/1(水)メディア掲載:news every内の特集「トク4」
メディア掲載:『芝地区地域情報誌第47号』芝の家・ちゃぶ台日誌・春編
7/17の芝の家
7月12日(木)の芝の家、たくさんのおかずを囲んでおしゃべり、お手玉の練習

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所