〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

5/31(木)の芝の家とたまきランチ

2018年06月03日 | maimai

この日の芝の家は、来場者Aさんとお当番もとこさんとの歌声でにぎやかにはじまりました。
お二人とも芝の家には馴染みの方なのに、なかなかお会いする機会がなくて、今回初めて年が近いことや趣味があることがわかったようで、とっても楽しそうでした。

さて、この日はたまきランチの日でした。メニューをたまきさんからご紹介!!
==================================
【メニュー内容、食材のいただきものなど】
①タケノコ、薩摩揚げ、竹輪、刻み昆布煮(4品目)
②チャーシュー煮(煮豚)レタス添え(2品目)
③枝豆(1品目)
④ジャーマンポテト(4品目) 新じゃが、淡路産新玉ねぎ、ベーコン、パセリ
⑤キャベツとカラーピーマンのピクルス風(2品目)
⑥キャベツ・胡瓜・大根・根昆布・赤しそ・レモンの塩麹づけ(6品目)
⑦ズッキーニとえのきの柚子胡椒レモンポン酢仕立て(3品目)
⑧玉ねぎとパプリカの煮びたし(2品目)
★食材のいただきもの
①のタケノコは宮城県多賀城の今野さんから、②のレタスはまいこさんから、②の豚の塊、⑤の青ピーマンは涼子さんから、①の刻み昆布、④の新じゃが、⑤と⑥のキャベツ、⑧の佐賀の新玉ねぎは育代さんから、③の枝豆はヨガ友から、④の淡路産新玉は神戸の友人から、といただきもの満杯で感謝。
●いただいた食材中心にメニューを考えるのも楽しいひと時。なお、頂戴した食材で、6月14日フロリダ学生たち見学訪問のために、今回使用していない食材もあります。ご了承願います。
■お裾分け
阪口さんからカレーコロッケ。(おやつには、宮嶋さんから栗饅頭とおこし、阪口さんから手作りあられをいただいて、毎度おなじみの棒茶でもぐもぐタイムでした)。

【つくり方、印象・感想など】
②チャーシュー煮(煮豚)レタス添え
20180531
 立派な豚肉の四角い塊で、おまけにタコ糸でしっかり結んであるものをいただいたため(600g)、フライパンで塊の表面に焦げ目をつけたあと、醤油・砂糖・酒・みりんでたれをつくり、ネギの青い部分とショウガをたっぷり入れて煮立たせ、30分煮てふたをし、余熱で蒸らして一晩おき、翌日弱火で全面に一押ししながら、たれを煮詰める。たれは、沪してブロック肉を薄切りにしたあと、煮詰めたたれをからませてできあがり。
●「自分でつくると真黒くなって、ぱさぱさ感があるのだけれど、こんなにやわらかく、しっとりできるなんて!」というお声が。

⑦ズッキーニとえのきの柚子胡椒レモンポン酢仕立て
20180531_3
 ズッキーニは縦半分にして、2,3ミリ程度の半月切りに、えのきはへたをとって、手でこわけにし、レンジで温め程度にチンして、熱いうちに、レモン汁、ポン酢。柚子胡椒を混ぜてふりかけ一晩味をなじませるだけの簡単な1品。このたれは、何にでもあう優れた1品だと思います。
●「コレ、簡単真似してさっそくつくろう」という方も。

◆毎回、ランチ時にはお話しするのですが、「私はプロではないので、分量も味付けも思い付きがおおいので、教えてと言われても適当だから教えられないの」と申し上げています。だから、「つくり方」も適当です。また、毎回味が変わったりすることをくれぐれもご容赦ください。
♦︎5月24日は当番もたまきランチもお休みで、2週間ぶりのたまきランチ。当日は、天気予報で雨模様、といったこともあってか、お馴染みさんたちだけの会食でした。翌日の検査を控えて「みるだけ」の方がひとり。「ごめんね、大口あけて食べて」と口は恐縮ぶりでも、実態は別の一コマでもありました。

たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。


===========
これを読んで、たまきランチが気になった方、お弁当を持ってきて木曜日のお昼ご飯をご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

閉室日:6/9(土)&23(土)

2018年05月26日 | りょう

閉室日のお知らせ

6月は、閉室の土曜日が2回あります。
それぞれイベントへの出張になります。ご了承ください。

・6/9(土)
「出張芝の家」@ふれ愛まつりだ!、芝地区に出張のため
http://www.shibanoie.net/2018/04/22/180609_fureai/

・6/23(土)
旅のイベント開催のため
(6/23〜25「24時間トークカフェ・置賜の旅」)
https://gokinjo-i.jp/24htc_4th_okitama_1804/

6/2(土)夜音あそび実験室 夜の部

2018年05月25日 | りょう

芝の家・音あそび実験室 夜の部
第24回「ギター☆わいわい弾こうぜ」

芝の家では、最近、ギターが静かに流行中。来場者どうしで「このコードはどうやっておさえるの?」と聞きあったり、ギターにまつわるおしゃべりの輪ができたり。そこで、夜の時間帯に集まって、わいわいとギターを弾くことにしました。「触ったことないけど憧れる」「好きなあの曲を弾いてみたい!」「家に眠っているギター、使えるかな?」「じつは私もギター弾いてます」「ウクレレならあるよ」など…、ギターに興味のある方、お気軽にどうぞ!
http://www.shibanoie.net/2018/04/30/0425_guitar/

音あそび実験室・第24回 (夜の部)「ギターわいわい」
【日 時】 2018年6月2日(土)18時~20時
【参加費】 申し込み不要、無料
【持ち物】 あれば、ギター。
     弾いてみたい曲の楽譜など。
     ギターを持ってこられない人も、こちらで
     少し用意しています!
     (夕食をとりたい方は各自持ち込み自由です)
【問合せ】 芝の家へ
     電話、ファックス:03-3453-0474
     メール:contact@shibanoie.net
【主 催】 コヒロコ(小日山拓也+三宅博子)&芝の家

音あそび実験室
ホームページ http://otoasobilab.webcrow.jp/
Facebookhttps://www.facebook.com/otoasobilab/

5/22の芝の家

2018年05月23日 | CHIE

アロマ部の日。アロマ部には初めていらした方も含め、沢山の方がいらしてくださいました。参加者の皆さんと相談して当日使うオイルの精油を選んだのですが、みなさんの気分に対応できてそれもいいなぁ、と、思いました。

そして、今、芝の家ではハガキを用意しています。描きたいものをいくらでも描いて行ってくださいね♡

5/17(木)の芝の家とたまきランチ

2018年05月19日 | maimai

この日は、中央区社会福祉協議会の方や、千葉大の学生さん、ご近所ラボ新橋のご近所さんが見学にいらっしゃいました。
また、お昼休憩や、駄菓子を買いにふらっと寄った在勤の方など、いつもよりも初めて来場された方が多かった日でした。
窓も開け放して、新しい風が入ってきたような気持ち。
お当番スタッフや、顔なじみの方たちも一緒にお話したり、お昼ごはんを食べたり、手しごとをしたりして、芝の家でのひと時を過ごしました。

ちなみに、この日の手しごとは、6/2の音あそび実験室のちらしの色塗り。お手伝いくださったみなさんありがとうございました。

さて、たまきランチを環さんから紹介してもらいます。
と、その前に、5/24(木)は、環さんもたまきランチもお休みです。
==========================================
【メニュー内容、食材のいただきもの、お裾分けなど】
①マグロの佃煮(ネギ、ショウガ、梅干し、サラダ菜を含む5品目)
②押し麩・ちくわ・エリンギ・三つ葉の卵とじ(5品目)
③もってのほか菊と胡瓜の酢の物(2品目)
④干しえのきと人参のきんぴら(2品目)
⑤こんにゃくのゴマ豆乳ソースステーキ(4品目)
⑥三つ葉のおひたしおかか添え(2品目)
⑦白瓜の粕づけプラス伽羅蕗の佃煮(3品目)
⑧カブ・胡瓜・根昆布・シソの葉の塩麹づけ(4品目)
★いただきもの
①のマグロ、②のエリンギ、④のえのき、⑥の三つ葉は、大場さんから。築地のいただきものとか。6月14日のフロリダ国際大学の学生さんたち16人が芝の家に訪れる件で、マグロの入手は可能かどうか相談したところ、今回も食材をお届けいただきました。
②の山形の押し麩と③の「もってのほか菊」は安孫子さんから、⑤の群馬県産こんにゃくと⑦の白瓜の粕漬けは良子さんから、⑦の伽羅蕗の佃煮は私の群馬の友人から。
今回は、食材のいただきものが多く、ほんの少し買い足しただけでメニュー完成。ありがたいことです。
●お裾分け
宮嶋さんからトマトとほうれん草をいただいたので、ほうれん草はおかか添えのおひたしに。トマトはゴマ醤油がけで。
(おやつには、宮嶋さんから豆大福、良子さんからクッキー、阪口さんからおせんべいをいただいて、棒茶で毎回にぎにぎしく、おしゃべりとお口もぐもぐの1日幸せでした)。

【つくり方、印象・感想など】
①マグロの佃煮
20180517_04
鮮度はいいけれど筋が多いため、また大量のために下処理と煮込んで味付けしていく手間暇が大変な贅沢な1品。安い赤みの柵を買って佃煮風にするか、オリーブオイルで塩コショウしてステーキで味わうのが一般的。または唐揚げにする方法もあるでしょうが、私は佃煮風が大好き。熱湯の中に、下処理したマグロをひと煮立ちさせて湯切りし、ネギ・しょうが・梅干を入れて、まずは、砂糖のみで甘味を含ませるためしばらく煮てから酒・醤油・みりんで味付けを、何回か繰り返すこと。最初から砂糖・酒・醤油・みりんを入れて煮立たせると醤油味が勝ってしまうようです。

⑤こんにゃくのゴマ豆乳ソースステーキ
20180517_03
前回は、鶏肉をこのソースで仕立てて皆さんから好評でしたが、今回は、いただいたこんにゃくを使ってみようと思い立ちました。こんにゃくは他の料理でも毎回、適当な大きさにカットした後、砂糖をまぶして臭みとりと味の染みやすさのひと手間が大切です。いただいたこんにゃくは、味が染みやすい形状のものだったため、買い足したこんにゃくも両面薄く切れ目を賽の目に入れ、3センチ程度にカットして、ビニール袋に砂糖をまぶしてしばらくおき、(私は一晩おきましたが、最低10分はおいたほうがよいとか)、砂糖を洗い流しておく。白ごまを擦って豆乳は好みで、ニンニクは適量混ぜてソースをつくっておき、こんにゃくはごま油で焼き、砂糖・醤油をからめておき、ソースをからめて完成です。砂糖と醤油は多すぎないよう調整してください。
◆「何? これ」「へっ、こんにゃく?」「このソース絶妙」と皆さん口々に驚きを表明。当方は「してやったり」と思ったりして。豆腐、野菜サラダなど、何でもいけますが、若ニンニクやマヨネーズを足したり、いろいろ楽しめそうですよ。

■全体印象・感想など
初参加の方もお馴染みさんも、まずはインフルエンザやはしか予防のため、まずは手洗いを励行、次に「たまきランチメニューボードをお目通しください」とお願いしています。そのうえで、ひとつのテーブルを囲んでの食事ですから、そこは大家族のあり様。それがたのしく楽しくて、おいしさ・幸せ感につながるのでしょう。もちろん、こうしたことに苦手な方には無理にはお誘いしません。その結果、「おいしかった」「このままお昼寝モード」「腹いっぱい」「幸せ」といったお声が。おかげ様で「食べていただいてありがとう」とうれしい限りです。
たまきランチ初参加の方は、在勤の女性2名、見学者男性1名、女性1名の計4名。
20180517_05

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。


===========
これを読んで、たまきランチが気になった方、お弁当を持ってきて木曜日のお昼ご飯をご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

6月の予定はこちら2018年6月のカレンダー
閉室日:6/9(土)&23(土)
6/2(土)夜音あそび実験室 夜の部
5月の予定はこちら2018年5月のカレンダー
学生インターンシップ2018募集!〜6/20(水)〆切
6/14(木)フロリダ国際大から見学に来た学生さんたち
小さな住人
6/12 ハーブ&スパイス部の日
報告:6/9(土)出張「ふれ愛まつりだ、芝地区!」
6/7(木)の芝の家 
5/31(木)の芝の家とたまきランチ
閉室日:6/9(土)&23(土)
6/2(土)夜音あそび実験室 夜の部
5/22の芝の家
5/17(木)の芝の家とたまきランチ

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所