〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

4/5(木)の芝の家

2018年04月07日 | maimai

そろそろ、学校の春休みも終わりかけ。芝の家の中も外も子どもたちが集い、いつも大人たちでにぎわっている芝の家はさらににぎやかになりました。

休み中の子どもたちは、お昼ごはんはおこづかいで買ってきたのものを、スマホ片手に食べる子も。一方たまきランチを楽しみに来る方は、一人暮らしの方もいて「みんなで食べるとおいしいわね」という声。お勤めの方は、貴重な昼休みに食事しながら勉強や読書です。
「食べる」様子も人それぞれだなぁと思う今日この頃。

さてたまきランチの紹介を環さんからどうぞ!
======================
【メニュー内容・いただきものなど】 (カッコ内)は具材品目数
①黒メヌケ(赤穂鯛の一種)の西京漬け焼き(3品目)
②鶏むね肉の野菜甘酢あんかけ(6品目)
③生シイタケ・加賀車麩・菜花の煮びたし(3品目)
④ひじきの白和え(7品目)
⑤具だくさんサラダ(10品目)
⑥昆布とセロリのマリネ(3品目)
⑦大根・きゅうり・人参のしょうゆ麹和え(5品目)
⑧野沢菜と自家製ベランダ干したくあん(4品目)
★食材のいただきもの
③の生シイタケと加賀麩は、なじみの寿司屋さんから。④のひじきは、もとこさんから。
●お裾分け
宮嶋さんからトマト、良子さんから自家製カブの糠漬け。
(おやつは、宮嶋さんからソフトさきいか、キャサリンから柿ピー、阪口さんからおこしを。環持参の塩羊羹とともに、温かい棒茶でいつも通りにぎやかに)。

【作り方・印象・乾燥など】
★今回は風邪気味だったこともあって、月火と2回医者に行き、たまきランチを中止にとも思ったのですが、ま大丈夫そうで、マスクと手洗い励行で調理準備に。3日朝には声がでなくなり焦りましたが(もともと気管支が弱いので、風邪をひくと喉にきます)、何とか1日過ごせました。その代わり、いろいろ聞かれても、「まずメニューをみること」とポーズに終始。
★今回、ランチ初参加はお孫さん2名連れの私の友人でした。全体では「黒メヌケは高級魚、ここでいただけるなんて。娘もよろこんで食べている」「麩料理、ひじきの白和えが、離乳食中の娘にありがたい」といったお声も。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。


===========
これを読んで、たまきランチが気になった方、お弁当を持ってきて木曜日のお昼ご飯をご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

一日一枚

2018年04月07日 | maimai

絵を描くのが得意で、テキスタイルの勉強もしていたスタッフCHIEさん。
先生から1日1枚でもいいから絵を書き続けなさいと言われたそう。

それを聞いてわたしは、ずーっと前に札幌の美術館であるアーティストが、ポストカードに毎日絵を描き、コラージュし、と続けた360枚を展示していたことを思い出しました。

それを真似したいなーと思いつつ、毎回数枚で終わっていましたが、芝の家でみんなでやれば続くかも?!
さらに、芝の家の様子を、絵でも、言葉でもなにかしらで毎日書き続けたら、何か今までと違う見方や発見があるかも!と思いました。

そして、自宅で所在無さげだったポストカードホルダーを壁に貼り、近所の阪口さんからいただいた洋紙をポストカードサイズにカットしてみました。
芝の家に来た人たちに、その日の芝の家の印象でも、気持ち、好きな絵、なんでも描いてもらえたらいいなーと思っています。

さらに、あわよくばそれを編集して、芝の家のことを掲載しませんかとお話をいただいている芝地区情報誌の1コーナーに載せられたら。。と企んでいます。

昨日は、やっとその第一弾!
スタッフりょうさんの声かけで、中学生が絵を描いてみたら、小さい子も大人も書き始めてくれました。
これから、どんな感じになっていくんでしょう!!

豆本作り

2018年04月07日 | maimai

最近の芝の家で盛り上がっている手しごとは「豆本つくり」。

来場の安達さんが、近所の人権プラザで開催された「豆本を作ってみよう」というイベントに参加され、芝の家でも小学生たちと作ってみたことがきっかけです。

この日は、近所の阪口さんからいただいた、たくさーんの洋紙をありがたく使わせてもらって、贅沢な豆本(というよりミニノートかな?)を作ることに。

春休み中の小学生たちも、大人も熱中しています。
20180330_豆本1

中身の部分に合わせて、表紙の紙を切って、
20180330_豆本2

表紙に、好きな形に切った折り紙を貼って、
20180330_豆本3

表紙の文字を、来場者さんに筆記体で書いてもらって、オリジナルのノートが完成!
20180330_豆本4

他にも、中心を糸で綴じた物など、みなさんいろいろ試作しています。
いついつやります!というようなイベントではありませんが、この作業を好きな人が来場したときには、はじまっています。しばらくは、豆本つくりが続きそうな予感です。

4/3の芝の家

2018年04月04日 | CHIE

春休みで子供たちも遊びに来ていて、子供たちも一緒に、いただいた夏みかん(ご近所さんのお庭になった夏みかん♡)で夏みかんゼリーを作ったり、大人達は豆本作りをしていたり、、と、楽しい一日でした。

報告:3/29(木)のふらっと芝の家

2018年03月31日 | maimai

この日の芝の家は、お昼ごろには人が集いにぎやかに。
途中落ち着いた時間があったものの、クローズの時間帯にまた人が増えました。
日が長くなってきたのもあるのでしょうね。
それから近所の小林さんから、大きな夏みかんをたくさんいただきました。

さて、たまきランチを環さんからご紹介。
==================
【メニュー内容、食材のいただきものなど】  (  )内は具材数
①さしみこんにゃく蕗味噌のせ(3品目)
②サラダ14品目ヨーグルトマヨ味(14品目)
(アスパラ、ニンジン、新玉、スナップエンドウ、胡瓜、ハム、トウモロコシ、ゆで卵、グリーンサラダ菜、レモン、粉チーズ、トマト)
③菜の花ポン酢柚子胡椒味(3品目)
④ナス・ピーマン・こんにゃくの油味噌炒め(3品目)
⑤ブロッコリーと玉ねぎのオリーブオイル酢蒸し(3品目)
⑥具だくさんひじき煮(7品目)
(ひじき、人参、生シイタケ、こんにゃく、大豆、油揚げ、竹輪)
⑦鶏肉のピーナッツ粉、マヨ醤油味(3品目)
⑧カブ、胡瓜・キャベツの塩麹レモン仕立て(5品目)
⑨ホウレンソウの胡麻和え(2品目)
★いただきもの
①の蕗の薹は安曇野の友人から、②のアスパラ、人参、新玉、スナップエンドウ、⑦のピーナッツ粉、⑨のちぢみホウレンソウは涼子さんから。⑥のひじきはもとこさんから。
●お裾分け
 阪口さんからトマトのキムチ、トマトのブルスケッタ、中華風おこわ。(おやつには、良子さんからオレンジ、わさび豆と桜葉羊羹、阪口さんからマカロニかりんとうのお裾分けで、抹茶入り玄米茶を)。
【つくり方・印象、感想など】
②サラダ14品目ヨーグルトマヨ味
20180329_3
 ドレッシングは、マヨネーズとヨーグルト半々程度。それにニンニク(チューブ入りでOK.少量)、オリーブオイル、レモン酢、粗挽きコショウを適量で、と結構いい加減に好みで。人参はピューラーで食べやすく。
★ガラスの器に大盛りだったため、華やかで見た目にも鮮やかな一品に、皆さん歓声が。

⑨鶏肉のピーナッツ粉、マヨ醤油味
20180329_2
一晩塩麹につけた一口大そぎ切りにした鶏肉を、オリーブオイルで焼いて、ピーナッツ
粉、醤油、マヨネーズを混ぜたたれで炒め煮に。たれは、とっておいて、ほかの焼肉やサラダドレッシングにも使えます。
★「このジューシーな鶏肉は何故?」「魚でも肉でも塩麹に一晩つけておくと、ぷりぷり、ふっくらなの」「ピーナッツ粉は擦るのに大変でしょ」「粉になっているのをいただいたの」「うちでは奥さんがくるみを擦って使う」「くるみでもごまでもいいよね」「マヨネーズで味がふくよかににねっとりするんだ」と、食談義がとびかったりします。
 ◆全体では、「今日のメニューは春爛漫という感じ」、「菜の花の柚子胡椒風味が新鮮」、「油噌味噌炒めって、幸せ感たっぷりよね」、「ひじきは具だくさんだといい味になるよね」と皆さん満足げ。何といっても、安い食材を入手してからの調理なので、味付けに少し工夫がいったりしますが、皆さんの笑顔が励みになります。また、今回は何かと芝の家にお裾分けしてくださる阪口さんが、食事後にもかかわらずテーブルに加わって数品味わってほめてくださいました。和洋中何でもこいの、調理達人の言葉はうれしいものでした。また、貴重な蕗味噌は今回はたっぷり持参したため、贅沢に味わいました。
◆今回は、昼だけで30品目以上でした。1日で足りないのは、牛乳と芋類のみ。1日どんな摂取なのか、1週間ではどうなのか、皆さん、少し気にしてみてください。
そして、ノロ対策、インフルエンザ対策のため、手洗い励行、うがいは習慣づけたいものです。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。
20180329_4


===========
これを読んで、たまきランチが気になった方、お弁当を持ってきて木曜日のお昼ご飯をご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうのがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

報告:3/30(金)卒業論文発表会②
報告:3/24(土)第27回レコードコンサート
学生インターンシップ2018募集!
4月の予定はこちら2018年4月のカレンダー
3/31(土)第4回昆虫クラブ
報告:学生インターンシップ2017報告会
報告:3/30(金)卒業論文発表会②
報告:3/24(土)第27回レコードコンサート
4/10(火)
学生インターンシップ2018募集!
4/5(木)の芝の家
一日一枚
豆本作り
4/3の芝の家
報告:3/29(木)のふらっと芝の家

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所