〒105-0014 港区芝3-26-10
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌

2017年10月の記事一覧

報告:10/19(木)のふらっと芝の家

2017年10月22日 | maimai

雨の日が続きますね。この日も、雨足は強めだったのですが、芝の家へ足を運んでくださる方は多く、いつものように賑わった一日でした。

環さんから、この日のたまきランチをご紹介!
—————————————————-
たまきランチは、最近、食材を提供してくださる方々がいます。そこで、提供食材中心にメニューを考えることも多くなり、提供食材の調理多種を楽しむことも、私自身の課題です。いつどんなときでも、楽しむことをモットーとしたい環からです。
【メニュー内容、いただきもの・お裾分けなど】
①柿なます
②和風ロールキャベツ
③キャベツと大根・胡瓜の塩麹漬け
④ぶり大根
⑤キャベツと卵のサクラエビ甘酢炒め
⑥小松菜と油揚げの煮びたし
⑦生コンニャク・竹輪・しいたけ・竹輪・はんぺんなどの煮物
⑧ナスとピーマン・豚肉の油味噌炒め
★いただきもの
 育代さんから、①②③④⑤⑦で使用した大きなキャベツと大根、生コンニャク(糸コンと板コン)をいただいたので、それらを使い切る料理としました。なお、私の友人から安曇野の伏流水で育った新米(コシヒカリ)が届いたため、今回は、新米3合も炊いてお届けしました。また、名古屋の約30年来の友人からは、ある研究会の際の交流会で、私自身へ寄付をいただいたので、それをぶりや食材の資金の一部に使わせていただきました。
★お裾分けなど
 ご近所の宮嶋さんから、水ナス漬けとトマトを、良子さんから、コロッケキャベツ添えとカブとガゴメ昆布の塩麹漬けを、おやつには宮嶋さんからおせんべいをいただきました。
【つくり方のポイント、印象・感想など】
 「毎回これだけつくるのは大変ね」「この新米、甘やかでつややかでおいしい、天塩と海苔がたまらない」「ぶり大根の大根のしみ具合が、のどごしにたまらない」「一体何時間かかるの」とのお声が飛び交って、たまきランチがスタート。つくり方は、すべてにこの場でお答えはできないので、1、2品とりあげてのポイント紹介です。なお、調味料などの分量はほぼ勘というか適当ですから、一応の目安としてくださいね。

①柿なます
20171019_柿なます
 なますは正月料理だと思われがちですが、私は、年中つくります。秋から冬は柿も加えて。冬場は干し柿を使用しますが、いまは柿が安いので、生柿を使用。大根はイチョウ切り、ニンジンは薄切り(人参の大きさにより千切りでもイチョウでも)して、塩を振って1時間程度おき、塩抜きして三杯酢でつけこみ、数時間程度おいたあとに柿を薄切りにして混ぜる。
★柿は、熟したほうがいいのかという質問が多くありましたが、それは好み次第。混ぜて少し時間を置いたほうが馴染むし、熟したほうがいいのかも好み次第。甘味は、柿で十分。干しブドウを
加えてもいけます。

⑦生芋コンニャク、竹輪・しいたけ・はんぺん・いんげんの煮物
20171019_煮物
 「この煮物は白だしですか」と育児ママからの質問が。糸コンと板コンは、ビニール袋に砂糖をスプーン1杯程度入れて2,3分もんで洗い流しておき(味をしみこみやすくするため)、2通りの味付処理に。1回目は、コンニャク・椎茸・竹輪の砂糖・醤油などで少し甘辛煮煮つけ、2回目ははんぺんといんげんの白だし煮。一緒に煮てもいいが、見た目を重視。
★「だから、はんぺんは味がしみ込みながらも白いんだ」「椎茸などの甘さ加減も、ひと手間で違うのね」との感想も。

●今回は、雨にもかかわらず、赤ちゃんのお母さん4人、在勤の男性も参加。食事やおやつ時に「同じ果物やお茶でも、ここでいただくのと何故味がちがうのだろう」なんていうお声をいただいて「それはみんなでいただくから、そして、この笑顔だから」と、あははおほほ、もぐもぐと語るひと時でした。 
——————————————-

これを読んで気になったあなたも、お弁当を持って、ふらっと芝の家に遊びに来ませんか?
運が良ければ、たまきランチに出会えるかも!!!

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
たまきランチは、とっても豪華だけれど環さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうのがうれしいという気持ちと、食べる人のいろんなうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースに自分のお弁当を食べたい方も、そのように過ごしていただけますよ。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。
【たまきランチの約束事】
自分のご飯だけ(おにぎりまたは白いご飯)は持参すること。持参もせずその場のバランスも考えずに、好きなものだけ大量にとって、自身のおなかを満たす方は、ご遠慮下さい。その場一時にしても仮想にしても、大家族での食事なのだから。

10/17(火)初めて暖房

2017年10月17日 | CHIE

今日は寒くて初めて暖房を入れました。

ご近所の方が豚汁を差し入れてくださったり、お抹茶をいれたり、手仕事も楽しみ、、

笑い声も絶えず、寒い中いらしてくださったみなさま、皆さま楽しんでいただけました。

11/6(月)共感する情報技術の可能性

2017年10月16日 | りょう

第4回オープンミーティング
〜共感する情報技術の可能性〜
「well-beingな暮らしとは?シナリオづくりワークショップ」

2017年3月より芝の家を舞台に、情報技術と共存するwell-beingな暮らしをテーマにしたオープンな集まりを開催しています。

前回7/24は「well-being(ウェルビーイング)」についてを掘り下げました。この「well-being」日本語に置き換えるとなんと表現できるのだろう。その糸口として3つの言葉で定義を試みました。参加者のみなさんそれぞれが考えたことを発表しあって、おしゃべりをしました。

その後8月中旬には、研究メンバーがYCAM山口情報芸術センター(山口県山口市)を訪れ、YCAMスタッフを交えて本プロジェクトで策定していく「情報技術と人間の幸せな在り方の指標」について集中的に話し合う時間を持ちました。
170818_ycam
そんな夏を踏まえて、秋は、それぞれが考える「well-beingな暮らし」のシナリオづくりのワークショップを行います。情報技術をどのように使ったら、私たちの生活はより心穏やかに、生き生きとするのか。well-beingの3要素をヒントに考えていきます。

【日時】 第4回11月6日(月)夜7時から9時
【場所】 芝の家
【参加】 申込不要、無料、どなたでも
【問合せ】芝の家(電話&FAX:03-3453-0474)
【主催】 RITEX「人と情報のエコシステム」研究プロジェクト「日本的Wellbeingを促進する情報技術のためのガイドラインの策定と普及」
【内容】
「well-beingな暮らしとは?シナリオづくりワークショップ」

どうぞお楽しみに。今回からのご参加も大歓迎です。

——–
これまでの開催内容は、
・第1回 3月10日(金)夜
コミュニティとテクノロジーの新しい関係性、可能性を考えました。
・第2回 5月20日(土)午前中
ワークショップ「心臓ピクニック」を体験し、人と人とが共感する情報技術の可能性について考えました。
http://www.shibanoie.net/2017/05/12/ristex02/
・第3回 7月24日(月)夜
「well-being」の定義を、参加者の方がそれぞれで考え、発表しあい話をしました。日本語訳も含め奥深い議論ができました。
———
本プロジェクトについての詳細は、こちらをよろしければご覧いただければ!
2017年3月26日(土)開催のキックオフシンポジウムについての報告になります。
http://www.a-m-u.jp/report/201703_wellbeing1.html/

報告:10/1(日)とうきょうプレイデーに参加!

2017年10月16日 | りょう

10月の日曜日は珍しく2回もオープンの日がありました。1日は昨日の「いろはにほへっと芝まつりの日」。もう1日は都民の日10月1日(日)でした。

とうきょうプレイデーという「<遊ぶ>を祝おう!」というキャッチフレーズで、10月1日都民の日、東京中を遊び場にしてしまおう!というイベントがここ数年開催されています。
http://playday.jp/about

サテライト会場として今年は全部で44箇所の場が参加。芝の家やご近所ラボ新橋も、趣旨に共感してサテライト会場として、大人も子どももようこそな遊び場をオープンしました。
171001_playday04
当日の芝の家は、日曜日ということで通りも人が少なく、また普段はおやすみということもあり、来場する人はまばら。でもその分、スタッフものんびりと過ごして、非日常感のある午後でした。
171001_playday02
馴染みの来場者の方とコーヒーを手で淹れてのんびりとおしゃべり。近所の子どもたちも「あれ?今日やってるの?」とびっくりして立ち寄り。後半は向かいの駐車場をお借りして木片を使って簡単な工作を楽しんだりして過ごしました。
171001_playday03
イベントなどでなく「ただオープンする日曜日」がたまにあるのも、面白いなという気づきもあった「とうきょうプレイデー」参加の10月1日でした。
171001_coffecard

開催報告その1いろはにほへっと芝まつりニュース#05 無事開催!感謝!

2017年10月16日 | りょう

おはようございます。

昨日10月15日は、芝の家9周年記念のおまつりを無事開催することができました。あいにくの雨模様の中でしたが、参加者・来場者のみなさんの朗らかな陽気で明るくあたたかな雰囲気の中無事終了いたしました。

シャボン玉が舞う芝の家前、この光景を見ていてとても幸せな気持ちになりました。

<感謝!>
屋台の企画や縁の下の力持ち的な活動(事前準備・設営・企画のサポート・お手伝いにはいった家族の代わりにお子さんをみる役をしてくださった方などなど)など、近くに遠くに様々にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!それぞれに楽しめましたでしょうか。そう願います!

また雨にもかかわらず来場してくださった皆様、ありがとうございます。狭い空間が不思議なくらいにそれぞれのコーナーでお互いに工夫しながら楽しむ空間になっていて、嬉しかったです。

お近くから、遠くからの方まで、普段芝の家に来ている方から久しぶりに顔を出してくださった方まで、今年もみなさんと一緒につくった「いろはにほへっと芝まつり」でした。

初代スタッフのべべさんやウエボ、おかんらも来てくださり、9周年、それなりの年月がたったのだなあと感慨深かったです。
IMG_0743

さて、というわけで、芝の家もこの10月から10年目に突入した、というわけです。引き続きどうぞみんなの居場所として「ほへっと」場を開いていけたらいいですね。よろしくお願いいたします。

おまつりのいろいろな場面は順にご報告させていただきますね!お楽しみに!!

11/6(月)共感する情報技術の可能性
開催報告その1いろはにほへっと芝まつりニュース#05 無事開催!感謝!
10/15(日)いろはにほへっと芝まつりニュース#03「雨天版で開催!」
10月の予定はこちら2017年10月のカレンダー
10/15(日)開催!いろはにほへっと芝まつりニュース#02「詳細はチラシで!」
報告:10/19(木)のふらっと芝の家
10/17(火)初めて暖房
11/6(月)共感する情報技術の可能性
報告:10/1(日)とうきょうプレイデーに参加!
開催報告その1いろはにほへっと芝まつりニュース#05 無事開催!感謝!
報告:10/12(木)のふらっと芝の家
本日10/15(日)いろはにほへっと芝まつりニュース#04「雨天版で開催!」
10/15(日)いろはにほへっと芝まつりニュース#03「雨天版で開催!」
10/18(火)の芝の家
報告:10/5(木)のふらっと芝の家

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact@shibanoie.net
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所