〒105-0014 港区芝3-26-8
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌

2021年12月の記事一覧

1月の予定はこちら2022年1月のカレンダー

2021年12月29日 | 芝の家

1月のカレンダーになります。



※画像はクリックすると大きく表示されます。※
☆芝_2022_1ura

 

報告:11/28(日)「まちのプロフェッショナル」

2021年12月10日 | miwachan

こんにちは、初めまして。ご近所イノベータ養成講座第9期受講生のみわちゃんです。

現在大学3年生、夏休みに芝の家に来場したことがきっかけで講座を受講し、芝の家や芝地区に関わるようになりました。

私は仲間の方4人でプロジェクト「まちのプロフェッショナル」を立ち上げ、先日11/28に芝の家で試験的な会を開催いたしました。今日はその報告をします。

11月最後の日曜日の午後、芝の家の来場者(ご近所さん)であるSさんをゲストに、「まちのプロフェッショナル」メンバーで大学生の2人が色々な質問をさせていただきました。芝の家には大学生を中心に、若い世代の人たちが10人ほどが集まりました。

211128_chienowa02

私たちは、知恵を分かち合ってくれる人を「まちのプロフェッショナル」と呼んでみることにしました。

芝の家でSさんに出会い、ぜひこの方にいろいろ教わってみたい、もっとお話を伺いたいと思いました。それではSさんのお話をご紹介し、感じたことを記していきますね。

————————–

「なんでもやってみる。飽き性だから飽きる前に自分のものにして、できることをぐんぐん増やしていく。なぜならその方が楽しいから。」

彼女は地域のまさにプロフェッショナルで、料理や美容など幅広い知識を持って私たちに惜しみなく共有してくださる人です。それだけ様々なことができるのには、興味を持ったことにはなんでも挑戦して、自分のものにしようとする貪欲な姿勢が根底にあることを知りました。

新米美容師だった時から日々の目標を明確にして、「これができるようになった、だから次はこれをしよう」と自分をどんどんアップデートしていく姿勢を持っており、それは今もなお彼女の大きなパワーになっているとお話を聞きながら感じました。

そんな話の中で「今の若い子はもっとハングリー精神を持って欲しい」というお話も。私は就活のセミナーの中でそんな話を何度も耳にしたことがありますが、今回まちのプロフェッショナルに言っていただいたこの言葉はその何よりもじんわり私に沁みてきました(笑)責められているわけではなくて、心からのエールが感じられるからこそ伝わってきたのだと思います。

 

一時間半話が尽きることはありませんでしたが、その中で特に忘れたくない言葉がありました。それは

「苦しい時は甘えていい。甘えられるから挑戦できる。甘えた分はその人に返す。難しければどこかで誰かに返す。そうして恩は巡っていく。」

ということです。

彼女はたくさんの人に支えられて今の自分があると何度もおっしゃっていました。「受けた恩をこうして地域の外孫、外娘たちに返している」と。また、「自分がそうして欲しかったと思っていることをしてあげている」とも。恩の継承者でありながら、巡っていく恩のスタート地点にもなろうとしているまちのプロフェッショナルのことを本当に素敵だと思いましたし、私の中で今まで直接的だった「恩」というものが大きな流れの中にあることを今回彼女の人生のお話を聞くことによって、初めて実感できました。

私は今まで、恩を受けている状態がなんとなく気まずくて申し訳ないと感じていました。しかし今日、「ああ。私も焦って返そうとしなくていいんだな。甘えて、甘えっぱなしでもよくて、逆にいつか返せるように今存分に甘えることが大切なんだな。」と思い直すことができました。これは私の価値観、今後の生き方において大きな変化だと思っています。

まちのプロフェッショナルの知識や得意なことだけではなくて、人生・価値観の共有があるから沁みてくる言葉があり、それは私たちの価値観に大きな影響を与えるのだと今回#0の実施で気づきました。「まち」で顔が見える関係の中で話をするから生まれる話があり、プロフェッショナルが輝き、次のプロフェッショナルにつながって行きます。

「プロフェッショナル」という言葉に身構える必要はありません。ちょっと人より楽にできること、自分にとって当たり前のことを共有する人がまちのプロフェッショナルであり、誰でもなれるものです。

ぜひ皆さんも、その得意を、経験を、生き方を、教えてくれませんか。

報告:12/5(日)10-13時クリーニングデイ@芝のはらっぱ

2021年12月08日 | りょう

12月5日、芝のはらっぱでフリーマーケット初開催!
冬のはじまりの時期でしたが、太陽のぬくもりも感じながら和やかな日曜イベントとなりました。
211205_table

芝の家の4軒となり、北四国町会主催のまちの庭「芝のはらっぱ」。ここでフリーマーケットをしてみると、物の売り買いだけでなくいいことがいろいろあるな、と発見がありました!
ー地域内で、モノの循環と交流
211205_zentai
ー子どもも活躍(出店)できる、こじんまりさ
211205_shoppig
ー芝のはらっぱに足を運んでもらうきっかけになる&運営資金を楽しく稼ぐことができる
211205_goods

よかったこと
・ものの売買以外のおしゃべりがたくさん生まれた。
ものがきっかけで焼き物の話、ミシンの話など。
・手放す決心をしたものが、次の人の手に渡る喜びを感じた。
・親子でお店を出していただいたことで
 →子どもが自分なりに考えて使わなくなったもの放出
 →お金を得る喜び、嬉しさを体験
211205_folk02

次回に向けて
・タイトルから中身が伝わりにくかった。「バザー」や「フリーマーケット」の方がイメージしてもらいやすく、誰でも来場しやすそう。
などの意見を受けての工夫

・タイトルにうたった「クリーニングデイ」らしさをより盛り込んでみたい
「いらなくなったモノが新しい価値を持って生まれ変わる日」を目指して、アップサイクルな活動、たとえば「玉ねぎの皮で染め物」などのワークショップなども取り入れていければと考えています。

今回は少なくとも
「リサイクルのハードルを下げる」
「地域交流」

は生まれたかな〜と思います。
211205_folk01
まとめ
町会への寄付は7180円集まりました。品物を売ったり、購入したりでご寄付くださった皆様、ありがとうございました。
211205_shippingboy
次回は春、3月下旬〜4月上旬を予定。

cleaningday_logo
クリーニングデイのコンセプトなど詳しくは予告の記事もご覧ください。

変更:定例ミーティング12/8(水)→17(金)13時〜

2021年12月08日 | りょう

本日12/8(水)13時〜予定しておりました
定例ミーティング、スタッフの都合により急遽中止することになりました。

12月17日(金)13時~14時
に延期させていただきます。ご了承ください。どうぞよろしくお願いいたします。

芝のはらっぱ12月オープン日&12/8(水)オープンは中止

2021年12月08日 | りょう

本日12/8(水)の芝のはらっぱオープンは雨天のためお休みになります。

次回は今週末
12/11(土)12:00-16:00
12/12(日)10:00-13:00

「火起こし」にトライしながらオープンしています。

クリーニングデイ(フリーマーケット)は12/5に無事開催できました。その続きでミニフリマコーナーも用意する予定です。

他12月中のオープン、こちらをご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします。
芝のはらっぱのホームページはこちら

12月オープン日チラシのコピー

実施報告:9/21(水)夜オンライン見学会「場づくりと人」(次回は12/17) 
10/23(日)12時〜15時_いろはまつり開催予告③まちの思い出インタビュー 
10月の予定はこちら2022年10月のカレンダー
10/23(日)12時〜15時_いろはまつり開催予告②チラシ完成! 
10/23(日)12時〜15時_開催予告①芝の家14周年・いろはにほへっと芝まつり 
実施報告:9/21(水)夜オンライン見学会「場づくりと人」(次回は12/17) 
10/23(日)12時〜15時_いろはまつり開催予告③まちの思い出インタビュー 
10/23(日)12時〜15時_いろはまつり開催予告②チラシ完成! 
10/23(日)12時〜15時_開催予告①芝の家14周年・いろはにほへっと芝まつり 
9/21(水)夜19時30分〜オンライン見学会「場づくりと人」 
9月始まりました 
【メディア掲載】田町新聞タブロイド版_2022summer
8/26(金)13:30〜カナダすごろくの旅!
9/13(火)夜18-19時 第3回「からだヨリアイ」 
実施報告8/10よるしば夏休みわくわくday 

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所