〒105-0014 港区芝3-26-8
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌

2019年12月の記事一覧

報告:12/5(木)の芝の家

2019年12月10日 | maimai

気持ちの良い晴れの日。
環さんのおかずにご近所阪口さんのおかずも加わり、お昼ごはんはより賑やかに。
後半には中学生、小学生、親子もいて、
多世代が同じ空間にいる芝の家になっていました。

環さんより、この日の様子をお届けします!
==================
【1月のたまきランチ開催予定】
9日、23日、30日の各木曜を予定しています。第3週目の16日はお休させていただきます。お間違えなく、ご注意願います。

【メニュー内容、食材のいただきものなど】 ( )内は食材の品目数
マカロニサラダカレー風味(6品目)
サツマイモと豚肉・きざみ昆布のピリ辛甘煮(3品目)
ジャガバターチーズ風味(3品目)
自家製松前漬け(3品目)
小松菜のゴマ和え(2品目)
赤大根と柿のマリネ(3品目)
カワハギの唐揚げ野菜あんかけ(6品目)
大根のひき肉あんかけ(4品目)

★食材のいただきもの
①のキティちゃんのマカロニは川崎さんから、②のサツマイモは港区役所から、③のジャガイモ、⑥の赤大根、⑦の白菜とチンゲン菜、⑧の大根は日光の農家・大房さんからのいただきもの。皆様、いつもありがとうございます。

●当日のお裾分けは7品で、全15品の豪華ランチに
 阪口さんから、⑨コーンクリームコロッケ、⑩鶏肉の酢豚風、⑪鴨肉入りレンコンサラダ、⑫夕顔のキノコ入りあんかけ、⑬大根の甘酢漬けの5品、安孫子さんから⑭山形のおみ漬け、宮嶋さんから⑮トマトと、全15品が並んで、テーブルに乗り切きれないほどの豪華な品々となりました。(3時のおやつは、阪口さんお得意のパンの耳の唐揚げとサツマイモチップの塩バター蜜仕立てをはじめ、安孫子さん、良子さん、涼子さん、美代子さん、川崎さん、宮嶋さんから、りんご、イチゴ風味菓子、ポップコーン、せんべい、黒糖菓子などと盛りだくさんのおやつをいつもの渋茶でまったりタイムも)。
20191205_02
【つくり方、全体的印象・感想等】
サツマイモと豚肉・きざみ昆布のピリ辛甘煮
しばらく水につけておいたサツマイモはレンジでチンしておき(量にもよ
るが、10分程度)、塩麴につけおきしておいた豚肉を、オイスターソースとごく少量の豆板醤で炒め、火が通ったらサツマイモを加えて、甘辛煮に。大人だけなら豆板醤は少し多めでもよいかも。「サツマイモって、こんな風にしたら立派な主食になるんだ!」「今度やってみよう」などといったお声もありました。
ジャガバターチーズ風味
5ミリ程度の千切りしたジャガイモはしばらく水につけおき、レンジ
で10分程度チンしてバターで炒めて塩胡椒し、メルティングチーズをからめて、最後に粉チースを振りかけて出で上がり。「シンプルだけど美味」「ジャガイモのシャキシャキ感も残っているし、小腹がすいた時の1品」「ベーコンやパセリをちらしてもいいね」と、それぞれに、自分でつくるなら、どうやろうか、といった体での感想です。
コーンクリームコロッケ
阪口さんのコロッケはいつもダイナミック。「私はいつも失敗してしまう
の」「高温で揚げないと、パンクするの」「そうなんだ!」「15個も20個もつくらないから、スーパーで1個買う程度、つくれない」とあちことに話がとぶのも当たり前の風景。
★全体的印象、感想等
「もうお腹いっぱい」といいつつも、「まだ目がほしがるのよね」とほおばる皆さんでしたが、「今日は結婚56年目の記念日なんです。このランチだけで胸いっぱい・幸せ!」と語るのは曽根さんご夫婦。「56年間ただの1度もけんかしたことがないんですよ。怒ろうかなと思ってもおやじダジャレで終わってしまうんです」と夫人。「負けるケンカはしない主義だから」と旦那様。聞いている私たちも胸がふっくらするひと時でした。

本日の芝の家 12月3日

2019年12月03日 | CHIE

「クリスマスの飾り付けしてないね!」

69C5AE6F-CA1B-49C9-BA4D-8F36C1D8656B

と、いう話が持ち上がり、来場者の皆さんと急遽
用意開始。

少しずつ華やかになってき ました。

 

E7F5F075-7A92-4C5D-B0BB-A093610CC39C

子供達は独自の遊びを作り出して楽しんでいました。

 

報告:11/28(木)の芝の家とお昼ごはん

2019年12月02日 | maimai

雨続きの一週間でした。
なんとなくみなさんの出足も鈍く。。。
しかし、いったん芝の家に来てみれば、外の天気なんて忘れて、最初から最後まで、おしゃべりや食事、遊びに盛り上がった芝の家の中でした!
雨の日のお出かけってちょっと億劫になるけれど、会いたい誰かに会えると、出かけてよかった!って思いますよね。

さて、環さんより、この日のランチのレポートをお届けします!
阪口さんのお料理も加わって、最近はお皿がテーブルに乗りきらなさそうだぞ~

====================
 今回も、阪口さんの当日のお裾分けが多く、「阪口&たまきランチ」が豪華に並びました。
双方、打ち合わせはしていませんが、見事に、内容・味付け共に重なり合うこともなく、みんなで楽しみました。阪口さんの手腕には及びもしない私ですが、阪口さんいわく「何つくろうか、聞いたほうがいいかもしれないけど、それを慮ることも楽しいから」「そうなの、大家族の阪口さんに打ち合わせで連絡すれば、お孫さんの状態などもあるのに、余分な負荷をかけないほうがいいのかな、とそんなこともあって、お互いの慮りで楽しんでいただければね」というのが二人の約束でない約束事かな、と、いまのところ行っています。

【メニュー内容、食材のいただきものなど】 ( )内は食材の品目数
金目と鰺の干物の大根おろし和え(3品目)
豚ひき肉・もやし・にらなどの巾着煮(7品目)
具沢山おから煮(6品目)
柿と干しブドウ・玉ねぎなどのマリネ(5品目)
ワカサギの甘酢漬け(4品目)
ジャガイモ・人参などの煮物(5品目)
餅麩とベーコンなどのペンネ風煮(8品目)
しし唐の油味噌炒め(1品目)

★食材のいただきもの
①の金目と鰺の干物は川崎さんから、③・④・⑤・⑥の人参は涼子さんから、⑥のジャガイモは日光の農家・大房さんから、⑧の餅麩は名古屋の友人平子さんから。

●当日のお裾分け★阪口さん・宮嶋さんから
牛タンサラダ(柿・人参等のドレッシング、水菜和え)、⑩大根葉ふりかけ(いつものゴ
マ和え、ご飯に会う風味)、⑪大根のピリ辛づけ(これも定番人気)、⑫ロールキャベツホワイトソース煮(自宅ではデミグラスソースの2種作製と驚きの手間暇!)、⑬むかごご飯(これは、芝の家の大好きメニューで、今の季節のみ)⑭具沢山ベイクドビーンズトマト味(大豆やジャガイモなどのトマト味)、⑮香辛大根と「もってのほか」の甘酢漬け(なかなか手に入らない香辛大根と、食用菊「もってのほか」の甘酢は阪口さんならではの1品)、
宮嶋さんから⑯とまとの全⑯品目のビュッフェスタイルに、皆さん、目じりは下がりっぱなしでもぐもぐタイム約1時間半。(3時のおやつは、区からいただいたサツマイモで、みんなが阪口さんにお願いして、サツマイモのチップ揚げと柿・オレンジはじめ、宮嶋さん、良子さん、川崎さんからサツマイモの甘納豆や京都の八つ橋、豆菓子など盛りだくさんで日本茶でのいつものまったりタイムに。「お腹いっぱいなんだけど、ご飯とおやつはまた別腹なのよね」なんて、言い訳にもならないいいわけをしての1日でした)。

【メニューのつくり方、全体的印象・感想等】
 たまきランチで話題が多く集中したのは、②④⑤⑥でした。
②は豚ひき肉に卵・にら・玉ねぎみじん切り・パン粉、軽くゆでたもやしを油揚げに包んで煮揚げたもの。少し甘辛煮したのがよかったのかもね。④はいつものマリネに今回は柿の千切りを入れただけ。「これ、どうやって?これくらいなら私もできるかも」「人参がだめな妻もこれはいけるかも教えて、つくり方を」という今回初めて参加の在勤の男性も。「玉ねぎは水にさらさず、人参ピーマンは千切り、柿や干しブドウを加えて2杯酢、オリーブオイル、塩胡椒。レモン酢を加えて最低一晩おくだけ」「少しもっていって、奥さんにトライしてみる?」「どうぞ、やってみてね、日持ちするから素材は工夫次第」と、一品でも会話はさまざまに展開。さて、その後、報告はありやナシや?
 ⑥では、「先週のレンコン炒めも今回のジャガイモなどの煮物も私がつくれば茶色くなって、あんなふうに色白で料亭風にはならない。なぜ?」と2歳児ママ。「この味加減が私にはできないのよね」とスタッフママ。「そう、いわれるほどのことはないけどね…」と私???
 阪口さんからはいつも、料理のアレンジを含めた参考例も多く聞かれます。
 今回の初参加者は、在勤の若い男性と女性の計2名。昨年参加したという女性が引率してのご参加でした。また、久々でお弁当持参の在勤の女性からは「たまきランチの告知はちゃぶ台日誌にあるの?、知ってたら、お弁当をもってこなかった」なんというお話もいただきました。一応、おおまか告知はするし、確認は前日にでも事務局に問い合わせを、とお答えしました。

【ご参加・興味のある方々への問い合わせに関して】
 たまきランチ及び阪口ランチ合同などの開催は、ちゃぶ台日誌でできるだけ予告をすることにしていますが、「営業」しているわけではありませんので、「やっているか」とのお問い合わせには「当日あるかないか」でおこたえすることにしています。無料で食事提供しているといったニュアンスには、趣旨が異なりますので、趣旨をご理解の上、お問い合わせ願います。

■たまきランチの約束ごと
①初参加の方もお馴染みさんも大歓迎。ただし、ご飯だけは必ず持参のこと。
②たまきランチは、疑似家族的な食を通した笑顔とおしゃべりの場、つまり皆で料理
と幸せを分かち合う場です。多いは多いなりに、少ないは少ないなりに、皆で分かち
合う心遣い、気づかいを大切にする居場所ですから、ご飯も持参せずに、ご自身の
おなかを満たすだけ方は、失礼ながらご遠慮いただきます。
③食前に、手洗い励行、ボードの表裏を必ず目通しのこと!
 食中毒は寒い時期でも発生しますから、とにかく手洗い励行は欠かせません。
また、召し上がる前に、ボードの表裏をまず、ご覧ください。

【たまきランチのコンセプト】
「食は大切、食を通してみんな大家族」、そんな願いを込めてお届けするひと時の幸せ。私自身メニューを考えるゆとりのある幸せ、工夫してつくる幸せ、初めての方もおなじみの方も一緒にテーブルを囲んで笑顔でいただくことの幸せ・喜び、ましてや「おいしい」といっていただけることの幸せを感じるからこその、私自身の食への挑戦。だから、食材費は私の個人負担。
★毎回約10人分8品目程度。


===========
これを読んで、ワイワイにぎやかなお昼ごごはんが気になった方、お弁当を持ってきて、ご一緒しませんか。
運が良ければ、たまきランチと環さん、おいしい顔をしたみなさんに出会えます。

芝の家は、食堂のように食事を提供する場所ではありません。
食べ物が登場する時は、「持ち寄り」「おすそわけ」「みんなで作る」。
このランチは、とっても豪華だけれど環さん&阪口さんの「おすそわけ」。
作って食べてもらうことがうれしいという気持ちと、食べる人のうれしい気持ち(おいしい、みんなで食べると楽しいなどなど)がちゃぶ台を囲んで交差するとよいなぁと思っています。
もちろん、マイペースにご自分のお弁当を食べたい方はそのようにしていただけますよ。
お待ちしております。

10/28(水)おはなしのへや × 詩のソムリエ
10月21日(水)よるしば開催のお知らせ
10/10(土) 台風による閉室時刻変更のお知らせ(16時閉室)
11/8(日)13~15時「いろはにほへっと芝まつり」のご案内
10月の開室・カレンダー
10/28(水)おはなしのへや × 詩のソムリエ
10月21日(水)よるしば開催のお知らせ
10/10(土) 台風による閉室時刻変更のお知らせ(16時閉室)
11/8(日)13~15時「いろはにほへっと芝まつり」のご案内
10月の開室・カレンダー
9/3 久しぶりの『ハーブ&スパイス部』
7月 よるしば オンラインで5周年の集い
来場される皆様へ(2020年9月〜)
9月の開室・カレンダー
芝の家の夏休み(お休み期間:8/17(月)〜8/24(月) )

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所