〒105-0014 港区芝3-26-8
地図をみる
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
芝の家とは 芝の家の活動 ちゃぶ台日誌
ちゃぶ台日誌・・・ ちゃぶ台日誌は、「芝の家」スタッフが綴る、日々のできごとblogです。

5/19(金)よるしば×しまね

2017年04月29日 | りょう

シマネビト 島根にハマった女子高生
〜「地域に生きる 地域と生きる」を高校生・大学生と考える〜

【日時】 2017年5月19日 (金) 18:30~21:00
【場所】 芝の家   
【参加】 300円(食材費)、申し込み不要
※島根県の食材で軽食を一緒に作って食べましょう!
【共催】 芝の家
     しまね定住サテライト東京(島根県)
【問い合わせ】
mito-sachi@pref.shimane.lg.jp/080-9292-8372(担当:水戸)
【アクセス情報】
〒105-0014 東京都港区芝3-26-10 ハイツ猿田 1F
最寄駅:JR田町駅より徒歩10分・都営地下鉄三田駅より徒歩10分・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

【内容】
★ゲスト(都内在住の高校3年生)によるテーマトーク
①高校3年生 東明さん
島留学とは?なぜ今島留学が注目されているのか
②高校3年生 大井川さん
「都会の若者の地方移住の実態と地方の実態」の調査報告

★対話の時間
ゲストの話の中から顕在化した課題や島根県ならではの価値について、ゲスト・参加者・スタッフ全員で、対話をしながら様々な可能性をさがします!

〜 プロローグ 〜
都会で生まれ育った2人の高校生、現在都内の高校に通う3年生。彼女たちは昨年の夏、学校の卒業研究のテーマについて情報収集する目的で、生まれて初めて島根県にやって来ました。
研究テーマは、「島留学」と「若者の地方移住」。都会の女子高生の目には、島根県の取組や、それに付随するヒト・コト・モノはどのように映ったのでしょうか?

現在研究論文執筆の最終段階に差し掛かっている彼女たちですが、学校での研究発表を前に『芝の家』にて、プレ発表会をしてくれることになりました!
今回は、彼女たちの論文から顕在化した”地域の課題”あるいは、その課題に対しての”新しいアクション”について、参加された皆さんと一緒に考えてみたいと思います!

〜シマネビトとは?〜
今ここ(島根県)にあるモノや日々の暮らしに価値を見出し、新しいコトにチャレンジをするヒトを「シマネビト」と呼びます

9/21(土)ご近所イノベータの日:都会で本気!企画「流しそうめん」〜9/14の準備風景より〜
9/28(土)「芝の家おもいでワークショップ」のお知らせ〜いろはまつりプレイベント・旧拠点ありがとう〜
10/6(日)「いろはにほへっと芝まつり」のご案内
9月の予定はこちら2019年9月のカレンダー
9/6(金)2~4時戸板女子短期大学×芝の家「手軽においしく楽しくクッキング」
報告:9/12(木)の芝の家と木曜ランチ会
9/21(土)ご近所イノベータの日:都会で本気!企画「流しそうめん」〜9/14の準備風景より〜
9/28(土)「芝の家おもいでワークショップ」のお知らせ〜いろはまつりプレイベント・旧拠点ありがとう〜
9/10 9月のハーブ&スパイス部
9/7(土) 北四国町会 縁日 お手伝い
報告:9/6 戸板女子短期大学×芝の家 「手軽においしく楽しいクッキング」
10/6(日)「いろはにほへっと芝まつり」のご案内
報告:9/5(木)の芝の家と木曜ランチ会
芝の家の植物たち
9/3の芝の家

大きな地図で見る

<アクセス>
・JR田町駅より徒歩10分
・都営地下鉄三田駅より徒歩10分
・都営地下鉄芝公園駅より徒歩5分
・都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩5分

<お問い合わせ>
〒105-0014 港区芝3-26-10
TEL/FAX:03-3453-0474
E-mail:contact★shibanoie.net
(★を@に変えてください)
三田の家LLP →慶應義塾大学 →港区芝地区総合支所